tasogaredokiの独り言

カテゴリ:映画と舞台( 33 )

ゲキ×シネ 新感線 髑髏城の7人

ゲキ×シネ “髑髏城の7人”が今日より公開されます
c0154797_13575867.jpg

舞台をカメラワーク、照明等々を駆使して、1つの新しい作品に作り上げています

舞台を観た人も見逃した人も必見!
ゼッタイ面白い!

早く観に行かなくちゃ・・・・・!
[PR]
by mrsyasue | 2013-01-12 14:04 | 映画と舞台

おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪を昨日、観てきました

はじめ、本を読み、結構心に染みて、ならば、評判を呼んでいる“細田ワールド”に触れてみたくて・・・・

c0154797_14373864.jpg


これほどまで、背景を実像と見間違えるほどの細やかに描いているのに登場人物を粗く描く手法・・・・
このアンバランスが最後まで気になって、気になって・・・・
計算ずくなのでしょうが、私好みではありませんでした

この絵空事のようなストーリーの中で、共感できる事と真の理想が現実逃避する癒しを醸し出しながらも、親や子が成長していく上で通らなければならない幾つかのポイントをきちんと押さえているのが嬉しい!

この話を絵空事と言い放ちながら、どこか自分の子育ての中で欠けていた部分を指摘されたようで、少しばかり後悔の念が私を取り巻いていたのが可笑しい・・・・・

やはり、少しばかりいいおとぎ話なのかな・・・・・・
[PR]
by mrsyasue | 2012-10-02 15:01 | 映画と舞台

chicago

昨日、“chicago”を観て来ました
米倉涼子のNY凱旋公演・・・・・
どの批評も大絶賛!・・・・・・本当かなと!
c0154797_14483365.jpg


数年前にブロードウェイリバイバル版を確か、厚生年金で観たような・・・・・!
ミュージカルの中でも好きな作品のひとつなので、観る目がどうしても厳しくなってしまいます

ジャズのリズムの乗って幕が開き、ブロードウェイ仕込みの見事な踊りや歌がくりひろげられ、米倉涼子が登場します

見劣りしない容姿!それだけでもアーッと!日本人もここまで欧米と肩を並べる事が出来たかと変な満足感がこみ上げてきます
でも、そこまで・・・・・
踊りは確かに必死にレッスンしただけあって、マァマァの出来ですが、歌は、声量無しで・・・・演技は、TVの枠の範囲
役柄ももっとセクシーで、スキャンダラスでずる賢い悪女のはずが、可愛いアマちゃんといった風に演じて、ナンカ観てて本当に“chicago“と疑いたくなるほどの“chicago”でした

本場ブロードウェイで揉まれながらたくましく生きぬいている役者の中で、結局はお客様で終わってしまったようで・・・・・

ミュージカル初挑戦で初舞台、その上、短期間ながらブロードウェイの舞台に立った度胸には、大喝采を送りたいですね・・・・嫌いじゃないですよ、米倉涼子・・・・もっと大きな女優になって欲しいですね

それにしても、日本のマスコミのバカ騒ぎがチョッと恥ずかしい・・・・・
[PR]
by mrsyasue | 2012-09-12 15:25 | 映画と舞台

天日坊

2年ぶりにコクーン歌舞伎を観て来ました
c0154797_1221156.jpg

歌舞伎の語源は、傾くです
意味は、驚かす、変に思う・・・・傾くが歌舞伎に変化して、今の歌舞伎になった訳です(簡単に言えば・・・・)
人をアッと驚かす!回り舞台、早変わり、空中乗り・・・・全て、歌舞伎から来たものです

黙阿弥原作の“五十三次天日坊”という2日がかりのお芝居を宮藤官九郎が、書き直し、串田和美が演出致しました
百数十年ぶりの天日坊・・・・だから、資料はない、誰も見た事もない!

鳴り物も鼓をパーカッション、三味線をギターに変え、そして、笛をトランペットに変えて、
台詞も現代調あり、黙阿弥調ありで・・・・・
衣装もアメフト、アイホの防具を付けて、奇抜な柄の着物で・・・・
テーマまで現代に通じる“俺は誰だァ!”と・・・・・
それでいて、装置は、うらびれた芝居小屋風で・・・・
筋立ても簡潔で、官藤官九郎ワールドの笑いの中で・・・・
言葉も出ぬほどの驚きで一瞬のうちに観客を引きずり込みました

勘九郎が襲名以来一皮二皮剥けたようで、いい役者になりました
七之助もそれに負けじと力を付けて、獅童もそれなりに個性を出して、勘三郎、橋之助、がいなくても十分見ごたえのある花のある舞台を作り上げておりました

コクーン歌舞伎が始まった頃、よく勘三郎や串田が言っていた観衆を驚かしたい!今が江戸ならこんな出し物をやっただろうという物をやりたい!コクーン歌舞伎の完成度が高い作品になりました

歌舞伎は、もはや古典にあらず!進化し続ける歌舞伎もあっていいと思いました

完璧にこの舞台で傾られました・・・・・
来月は、猿之助の襲名舞台、前から5番目の席、楽しみです
[PR]
by mrsyasue | 2012-06-30 12:50 | 映画と舞台

海辺のカフカ

只今、海辺のカフカを再々読中です
村上春樹作品の中で一番好きな作品です

この作品が今月、舞台化されています
c0154797_12211114.jpg

おもしろいか・・・・
蜷川演出が、どこまで村上ワールドを料理し・・・・蜷川流海辺のカフカになるか?

ノルウェーの森の映画化は、はっきり言って面白くありませんでした

さてさて、観に行こうかどうか迷いましたが、マー坊の知り合いが出演していることもあり、観に行く事に・・・
それまでに上下2巻読破できるか・・・・
村上作品は、何度読んでも面白い!
[PR]
by mrsyasue | 2012-05-12 12:30 | 映画と舞台

闇に咲く花

昨日,“闇に咲く花”を観て来ました
c0154797_13505944.jpg


井上ひさし生誕77フェスティバル’12の第3弾です
今年1年間、井上作品、8作品を上演します
初っ端の“11匹のネコ”をチケットの取り忘れ、まだ大丈夫!などと怠慢に構えていた為、結局は、見損なう始末のスタートでしたが、第2弾“雪やこんこん”からは、頑張ってチケットを取り、最後の“組曲惨殺”まで、きちっと見とどけ、井上作品を堪能したいと思っております

井上ひさし作品はどれも優しい言葉で、時には、笑いの中で、生きる事とは?日本人とは?をぶれずに私たちに問いかけてくれます
どの作品も決して、偉ぶらず、上目線でなく、お仕着せでもなく・・・・・それでいて、心にグッサリと楔を打つように強くつよく足あとを残してくれます

さて、闇に咲く花
牛木健太郎があの戦争を忘れかけ始めた人々に届ける言葉・・・・

“忘れちゃだめだ!忘れたふりをするのはなおいけない・・・・”

“上が変われば、その配下の人々も変わってしまうのか! 上が昨日まで白だったものを今日から黒だと言えば、私たちも黒と言うのか・・・・・”

“お国の為に死んでいく人なんかいない、みんな家族を思って死んで行くんだ・・・”

“神社は、人々がホッとする場所でなければいけないんだ”

どの言葉もしっかり受け止めました

水村直也さんの生ギターが戦争で亡くなった人々への鎮魂歌のように最初から最後まで静かに流れていたのが、なお一層心に染みました
[PR]
by mrsyasue | 2012-04-25 14:37 | 映画と舞台

ものすごくうるさくてありえないほどちかい

c0154797_1442497.jpg

突然の理不尽な傷みや喪失感、そこからの再生は、自らの勇気ある一歩から始まる
この映画が教えてくれました

決して、軽々しく愛だとか勇気だとか、絆だとか・・・・この映画にはそんなセリフ回しはありません
単々とスクリーンに描かれる少年の痛いほど歩きまわる姿、ロードムービーの手法がなお一層、観ている側に少年の叫びが伝わりました
[PR]
by mrsyasue | 2012-03-06 14:53 | 映画と舞台

ALWAYS3丁目の夕日64

遅まきながら、ALWAYS3丁目の夕日 64を観て来ました
c0154797_16193677.jpg

六子ちゃんが幸せになりますように・・・・
淳之介君の夢が大成しますように・・・・

シアワセの価値観や位置づけはどの時代も人それぞれであっていいと再確認致しました
3作の中で一番泣いて笑って・・・・楽しかった!
[PR]
by mrsyasue | 2012-02-06 16:27 | 映画と舞台

コロッケ 

今日、コロッケのステージ、明治座公演を観て来ました
c0154797_2232376.gif

一度は観てみたかったステージです
理屈抜きで楽しめれば良いステージだと思いました

第1部は、棟方志功物語、第2部は、コロッケオンステージ、
サービス精神、お客を如何に楽しませるかに徹した舞台でした

TVのものまねを生で見られると思うとチョッとワクワクしました
素直にこういう作品は、楽しもうと思う事が大事です
美川、ちあき、北島、五木etc・・・・オンパレードです

コロッケ自身も観客の反応を楽しんでいるようで、TVよりもずっとずっとリアルで・・・・一見の価値アリ!
TVさじきさながら、自然に観客は構えずスッとコロッケのペースにハマっていくのが面白かった!
コロッケ御苦労さまと言った感じですね・・・・・
[PR]
by mrsyasue | 2011-07-07 22:50 | 映画と舞台

中島哲也監督はやっぱり凄い!

c0154797_13443851.jpg

“下妻物語”で中島監督を知り、CM監督らしくCGを駆使する監督なんだ!と、単に思い・・・

c0154797_1354676.jpg

“嫌われ松子の一生”で、中島監督のファンになり、知らぬ間に彼独特の世界観にはまり・・・

c0154797_1358697.jpg

“パコと魔法の絵本”で、ファンタジックな世界を見事に描き・・・・

c0154797_1413866.jpg

あの暗い救いが見えない小説“告白”を中島ワールドに見事引きずり込んだと思い・・・

明日、WOWOWで、4時より中島哲也監督特集で、“下妻物語”から“告白”まで、一挙放映されます
永久保存版の為、録画しなきゃ・・・・
[PR]
by mrsyasue | 2011-06-11 14:13 | 映画と舞台



楽しいだけじゃつまらない!その先にある物を見つけよう
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
外部リンク
にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ





同盟バナー緑枠動画

いつでも里親募集中
タグ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧